高脂血症 サプリ

高脂血症の改善に良いサプリ!

 

・魚は好きではない
・脂っこい食事になりがち
・外食が多い
・甘いものが止められない
・健康診断の数値が高かった
・最近太ってきた気がする

 

このような点に思い当たる方は、高脂血症の原因となる食生活・生活習慣となっている恐れがあります。高脂血症の改善や予防には、中性脂肪を下げるDHAやEPA、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐアスタキサンチンが有効です。当サイトでは、DHAやEPA・アスタキサンチンを効率よく摂れるサプリメントをランキング形式にて厳選してご紹介しています。

 

きなりの特徴

きなりは、DHA・EPA&アスタキサンチンで高脂血症を改善してくれるサプリメントです。1日4粒で、1日摂取目安量の半分である500rのDHA・EPAが摂取できます。さらにアスタキサンチンのちからで成分の酸化を防止して、新鮮な状態でカラダへ届けます。魚臭さはオレンジのちからでブロックしていますので、お魚の苦手な方にも飲みやすい。納豆のサラサラパワーもプラスした、高脂血症改善におすすめのサプリメントです。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA&アスタキサンチン

 

A・E・Dクリルオイルの特徴

A・E・Dクリルオイルは、アスタキサンチンとEPA・DHAを手軽にとれるサプリメントです。A・E・Dとは配合された成分、アスタキサンチンのA、EPAのE、DHAのDを表しています。アスタキサンチンは美容でも注目の高い抗酸化力をもつ成分、EPA・DHAを酸化から守ってくれます。1日目安4粒に、アスタキサンチン76μg、EPA137r、DHA62rを含有。高脂血症改善のために不足を補いたい方へ、おすすめのサプリメントです。

価格 3,800円
評価 評価4
備考 アスタキサンチン配合

 

青魚博士の特徴

青魚博士は、DHAとEPAで高脂血症を改善してくれるサプリメントです。1日6粒にDHA200r、EPA500rが摂取できます。酸化しやすいEPA・DHAの本来の力を発揮させるため、個包装パーケージになっています。EPA含有量と含有比率が高いので、不足しがちな栄養分を手軽に取り入れられます。中性脂肪が気になり、高脂血症を予防改善したい方におすすめのサプリメントです。

価格 3,960円
評価 評価3
備考 DHA・EPA

 

 

何が高脂血症の原因になっているのか?

 

どのような原因で高脂血症を発症してしまうのでしょうか?次のような生活習慣や食生活をしてしまっていると、高脂血症の原因になってしまいます。

 

動物性脂肪の摂取しすぎ
乳製品や肉の脂身部分には、飽和脂肪酸がたくさん含まれてしまっています。この飽和脂肪酸というのは、動物性脂肪の中に含まれているのですが、摂取しすぎてしまうと血液野中の悪玉コレステロールの数値が高くなってしまいます。

 

肥満
運動不足や食べ過ぎてしまって肥満になってしまうことが、高脂血症の中で一番の原因になっています。中でも内臓脂肪が溜まり過ぎてしまっている内臓脂肪型肥満になってしまっているのであれば、悪玉コレステロールや中性脂肪がかなり増えてしまっていて、反対に善玉コレステロールが少なくなってしまい、高脂血症の原因になりやすくなってしまうのです。

 

コレステロール
鶏肉の皮や肉のレバー、卵などにはコレステロールが豊富に含まれています。このコレステロールを摂取しすぎてしまうと、悪玉コレステロールが多くなりすぎてしまいます。

 

スイーツなどを食べ過ぎてしまっている
スイーツのように甘いものや清涼飲料水などを口にしすぎてしまうと、それだけ肥満になりやすくなってしまいますし、中性脂肪も増えてしまいます。

 

飲酒
ある程度お酒を飲む程度なのであれば、善玉コレステロールを増やすことが出来るのですが、お酒を飲む量が増えてしまったり、毎日のように飲んでしまうと、中性脂肪値が上昇してしまいます。

 

喫煙
喫煙をすることによって、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増えてしまいます。

 

ストレス
ストレスを溜めてしまっていると、ホルモンバランスが崩れてしまい、これによってコレステロールも増加してしまいます。

 

遺伝が原因
高脂血症というのは、遺伝が原因になってしまうということも多いです。特に日本人で高脂血症になってしまっている人の多くは、家族性高コレステロールになってしまっている人が多いといわれています。遺伝によって、悪玉コレステロールが増えやすくなってしまっており、かなり生活習慣などに気を配っていたとしても、高脂血症や動脈硬化になってしまいやすくなってしまうのです。

 

高脂血症ではどんな治療法が行われるの?

 

高脂血症と診断された場合、どのような治療法によって治療法をしていくのかについてお話をしていきたいと思います。まず高脂血症というのは、基準値よりも多くの脂質が血液中に存在してしまっている状態のことを指しています。

 

高脂血症になってしまっていたとしても、自覚症状が現れることがないですので甘く考えてしまっている人も多いのですが、高脂血症を放置してしまうと、動脈硬化が進行してしまいます。これによって、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などのような危険な病気を引き起こしてしまう危険性があるのです。

 

ですので、高脂血症を甘く見ずに、ちゃんと治療をしていくようにしなくてはなりません。その高脂血症の治療法としてどのような方法があるのd消化?高脂血症の治療というのは、大まかに分けると運動療法と食事療法が定番になっています。この二つの治療法で生活習慣を見直していくことになります。

 

なお、治療を実際に行う前に、どの程度脂質値を下げていくのかを決めるようにしなくてはなりません。これは医師が問診をして、現在、高血圧や糖尿病などのような生活習慣病になってしまっているのか、これまでにタバコやお酒を口にしていたか、家族はどのような病気になっていたのかを聞きながら、どこまで脂質値を下げるのかを決めることになります。

 

運動療法について
医師と相談をしながら、医師に指示されたように運動療法を行っていくことになります。基本的には1週間位3日以上、そして1日に30分以上、有酸素運動をしていくようになります。運動をすることで消費カロリーも増えることから、中性s棒も燃焼させることが出来るようになります。さらに、体を動かすと、善玉コレステロールを増加させることが出来るようになるため、悪玉コレステロールを減らすことも可能になるのです。

 

食事療法
基本的に食事両方をする場合、食事による摂取カロリーの制限をしていくだけではなく、食物繊維やコレステロール、炭水化物などの摂取量も医師の指導の下、守るようにしなくてはなりません。

 

この運動療法や食事量王でも改善の兆しがないのであれば、薬物療法を行っていくことになります。